スポンサーリンク

マウス用マイクロスイッチを比較

マウス

マウスのクリック部分に用いられているマイクロスイッチを使い比べます

草稿

スポンサーリンク

スイッチ交換

クリック感を好みに合わせる

クリック感が悪いなと感じてスイッチ交換をしてもクリック感が変化しますがシェル由来の悪さは改善はしないと思います

クリック感が合わないな、飽きたな、調整したいな、と感じたらマイクロスイッチを交換するという選択肢があります

  1. はんだをたっぷり追加して盛りスイッチの足三本を同時に熱してスイッチを外す
  2. スルーホールのはんだを吸い取り器で除去、マイクロスイッチの足を吸い取り線できれいにする
  3. 新しいスイッチを嵌めてはんだ付け

が何も考えずにできていいかなと思っています。

低融点はんだとか使えばもっと楽な気もします。

スイッチの個体差を考慮する

以前ソフマップに行ったときにxm1rが9個展示してあって、クリック感が全部違いました。同じスイッチ使用しているにもかかわらず。

最近だとメーカー側でスイッチの左右差を無いようにしていることが多いように思いますがマウス間の個体差は依然として残ったままになります

同じマウスいくつも触ってクリック感が異なるんですからこれは困る。

マイクロスイッチの動作

1 通常状態

2 力を加え銅板がしなり押し込まれる。プリトラベル

3 カチッとバンプがありクリックされる

4 クリックされた後も力を加えるとある程度押し込まれる。ポストトラベル

使用したスイッチ

アリエクとかでいろいろ売っています。一個100円とか普通にして結構高いですね

kailhgm2.0
gm4.0
gm8.0
huanoblueshell whitedot
blueshell bluedot
blueshell pinkdot
bluedot
pinkdot
omrond2fc-f-7n(20M)
d2fc-f-7n(20M)(of)
d2fc-f-k(50M)
d2fc-f-k(50M)-rz
d2fc-f-k(50M)-rt
d2f-01f
zippydf3
ttcgolden60M,80M
c&kzma030

クリックの重さを測定

クリックのpressとreleaseの重さを安いバネ測りで測定して比較します

クソ雑測定でサンプル数も少ないので実際どうかといわれると信頼性はないです

単位はgfに近い何かです。比較する分にはまあ単位とか関係ないでしょ厳密性は求めてません

力を加えてクリックするときの重さ、力を抜いてクリックが戻るときの重さ、その差の代表値を示しています

結果としてクリックの重さを比較したところでわかることは少なそう

傾向としてはreleaseの重さよりもpressの重さには差があり、差分にも違いが表れています

プレスリリースの重さが実際のクリック感と直結しているかというとそこまでではない気がしてきます

軽い重いと感じるのは入力に必要な重さよりも、press中の反発の強さやその変化、ストロークとかによってそう感じる部分の方が大きいのかもしれない

マイクロスイッチの感想とか

スイッチを実際にマウスに嵌めてクリックしたりします

上で書いたように測定での重さ軽さはクリック感への影響はそこまでな気がします。

なのでここでいう軽い重いはクリックした感じで意味合いが異なります。他色々と表現していますが私の言語感覚での話なので解釈違いかもしれん。そもそも好みって違うし

使用したマウスは

asus rog keris glorious modelo- endgame gear xm1 zowie s1

の4つです。選定理由は特にないです。

gm2.0

軽めでバコバコ系な感じ。致命的に返りが弱くて連打しにくいので反発強いシェルだとよさそうだけど結局バンプのストローク長くて扱いづらいかも

測定値から見ても分かるようにそもそもの個体差がすごい。さらに硬さ、press中の反発の大きさも個体によってまちまちで良個体を選別すれば使えそう

gm4.0と比較するとプリトラベルは同程度だがよりカチッと深くまで沈み込み2.0の方がバンプが長い

gm4.0

クリスピー系で連打しやすい。プリトラベルは8.0に比べると長くそこが大きな違いかも

柔らかい個体と硬い個体があるがどちらがよいというよりはシェルとの相性で選別する必要ありそう

シェルが硬めなものには硬い個体をシェルが柔らかいものには硬い個体が合いそう

gm8.0

4.0に比べるとバンプが軽い感じでつまり系のスイッチ

全体的に柔らかめでプリトラベル部分は軽いがバンプを越そうとすると急に重くなるところが特徴かも

とりあえず困ったらこれみたいな風潮がありそう。一昔のomron50mみたいな立ち位置なのかい

blueshell whitedot

huanoスイッチはkailhスイッチと印象が異なりkailhの方がバンプにメリハリがありパチパチカチカチしていてタクタイル感が強い。huanoの方がのっぺりした感じでバンプをそこまで大きく感じないためpressがスムーズだと思うが明瞭さに欠ける。というのが青殻の印象です

huanoの青殻は黒殻に比べてまとまった感じがある。

つまり系のスイッチ

blueshell bluedot

バコバコ系

blueshell pinkdot

クリスピー系

bluedot

押し込み時は青殻より軽快だがその分バンプを超えた後がやる気ない。

zowieに使われているもので押し込みはスムーズだけど浮かせるように浅くクリックする必要がある。pressは良い感じ

pinkdot

vaxeeで使われているスイッチ

bluedotよりもプリトラベル中の反発が軽く明瞭なタクタイル感が得られる

それぞれzowieとvaxeeにマッチしていてちゃんと選ばれている感じがします

d2fc-f-7n(20M)

個体差がすごいため選別の必要がある

プレスとリリースの差が大きくタクタイル感も強いため明瞭なクリック感

安価な中華マウスとかで使われてて微妙なイメージだけどまともなシェルに乗せると軽くて明瞭な感じがする

d2fc-f-7n(20M)(of)

20mを硬くした感じ。

これも安価なマウスに乗ってる印象だけどちゃんとしたマウスに乗せるとよさげ

d2fc-f-k(50M)

一昔前の定番スイッチだけど最近全く見なくなりgm8.0に置き換わった気がする

軽快でプレスリリースの差が小さく使いやすい

押し込み後の反発が強めでホールドがややしにくいかも

d2fc-f-k(50M)-rz

50mをより軽くバンプを小さくした感じで、全然力を入れずにクリックできる。

デスアダーから取り出したもので熱でイカれてる説もあるけど

d2fc-f-k(50M)-rt

50Mをより硬くはっきりさせた感じで明瞭

d2f-01f

タクタイル感が強く硬め。強めの反発が常にかかる

zippy

hid-labsで販売されているもの

全体的に軽く柔らかいがバンプが強く独特のクリスピー感がある

ttcgolden

60mより80mの方が硬め。

常に一定の反発力がかかる感じで微妙に重く微妙に歯切れ悪い

逆にそこが作用してクリック感がよくないマウスに乗せるとクリック感が使える程度に改善できる。

クリック感が良くないマウスにはこれを乗せとけばいいと思っている

zma030

バンプが弱短いためスムースにクリックすることができストローク短い。

ただ反発は弱めなのでジッター的な連打はできなそう

おわり

よいクリック感を得るにはよいマウスシェルを使うしかなさそう。結局ここが第一だと思う

シェルが微妙なやつにはttcを付けようと思います。

スイッチ交換はスイッチの好みに合わせて調整するためにするもので改善効果は薄そう

人気なgm8.0ですが他にも選択肢はあるんじゃないかって印象です。脳死で付けとけというものではない気がする。2.0、4.0より優秀な感じはありますがタイプが異なってるので単純に上位互換とはいえなさそう

huano blueshellは三種類とも個性がありどれも優秀で、つまりクリスピーバコバコをタイプごとに使い分けられていいんじゃないかと思いました。もうちょっと軽快さが欲しい気もしますが好きです。

最近は使われているのをあまり見ませんがなんだかんだomronは優秀と感じた。20Mとか安価で微妙なシェルに乗せてるからomron微妙な認識になるんじゃないの。特にrzと今回は載せてませんがg1スイッチが好みです。結局ロジレーザーかよ

メーカーごとに何となく傾向が見えて面白かったです。

クリックの重さだけでなくプリ・ポストでの反発の強さ・ストロークやバンプの長さ強さなどの要素で違いを感じられました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました